アフィリエイトフォーミュラ特典

アフィリエイトフォーミュラDAI特典PV一部公開

園山恭平さんとの対談音声

#園山恭平 さんとの対談~2015年の予測~
こんにちは、平河 大です。
2014年も残りわずかとなりました。

このメールを読んでいるあなたはおそらく、
今現在しっかりと努力・実践ができていると思いますので、

今現在成果が出てきている、あるいは、
成果があまり出ていなくても2015年大きく飛躍できます。

ですから、これまで積み重ねてきたものに自信をもって
今現在のやるべきことを淡々と進めていってください。

では早速本題へ。

2014年ももうじき終了ということで、
今回はサイト系のアフィリエイトの実力者の一人である
園山恭平さんと対談音声を収録しました。

テーマは2014年の振り返りと2015年の予測です。

おそらくあなたにとって
2015年の行動の指針になると思いますので、

2015年のトレンドをいち早く捉えたい
と思っているのであれば、チェックしておいてください。

園山恭平対談:

 

この対談において私がお話したことをふまえ
2015年の予測は以下の通りです。

・2014年と同じく動画マーケティングの流れの継続

・YouTubeトレンドの制裁

・情報+商品を一緒に販売(パッケージ化)

・コンテンツマーケティングの流れが加速

・リアルとネットを絡めた高額プログラム

おそらく、この流れは確実に来ていると思います。

1:動画マーケティングの流れの継続
^^^^^^^^^^^^^^^^^^

動画は昔から「動画、動画、動画」いわれ続けているので
昔から流行といえば流行ですが、
この流れがさらに加速していきます。

そして、「しっかりと撮影・編集ができる人」と
「ド素人レベルの動画スキルの人」とで明らかな差、
特に、集客コンテンツ・プロモーションコンテンツにおいて
レベルの違いが顕著になるでしょう。

2:YouTubeトレンドの制裁
^^^^^^^^^^^^
YouTubeトレンドは現在稼ぎやすい手法ですが、
テレビの動画をそのまま上げるということが
あまりにも横行しすぎています。

これは、著作権に引っかかるかなりグレーな手法ですが、
アカウントを削除される前提でこのような
トレンド動画を上げている人が多いので、

おそらくYouTube側が大きな制裁を行ったり、
警察などが見せしめのために複数人逮捕者を出す
と私は予測しています。

ですので、

もしあなたがYouTube系のトレンドをやっているのであれば
できる限りはやい段階でオリジナルコンテンツに切り替え、

自分の実力で勝負することをお勧めしておきます。

ただし、あまりに今はYouTubeトレンドが
グレーゾーンであるにしろ稼げすぎているので
やめる人はいないと思いますが・・・・

3:情報+商品を一緒に販売(パッケージ化)
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

物販においても特に独自のネットショップにおいて
情報商材的なものを特典につけて、物販の商品を売る

あるいは、

購入者メルマガにおいて、ネットショップでトントンで
リストを取得し、物販系メルマガアフィリエイトで成果を出す。

というような手法が流行してくるのも2015年のトレンドです。

具体的には、

原価+決済手数料+送料など=1000円のTシャツを1000円で
販売します。(フロントエンド)

そして、そこで獲得できた購入者リストに対して、
物販系のアフィリエイトをするという手法です。

4:コンテンツマーケティングの流れが加速
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

今現在、「コンテンツマーケター」と名乗っている日本人ほど、
キチンとその意味を理解していないケースが多いです。

彼らはコピーライティングでいう【ラベリング効果】を使って、
自分を正当化するためのプロパガンダとして名乗っているだけで
はっきりいってトンチンカンな状態です。

つまり、彼らがいっているようなものでは無くて、
米国式の本物のコンテンツマーケティング、

つまり、

本当に良いコンテンツからの
集客・教育・販売がより一層加速するということです。

5:リアルとネットを絡めた高額プログラム
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

これは、販売商品・サービスにおいてリアルと
ネットを絡めていくということは当然なのですが、

おそらく、今後、リアルから集客してきた
うぶな属性に対して、ネット系の高額塾を販売する傾向に
シフトするようになってくる可能性があります。

具体的には、セミナーorグループコンサル+
オンラインコンテンツという具合で、

販売することが多いのですが、

それがさらにリアル性の帯びているものが流行する
のではないか?と思っています。

具体的には、リアルからうぶな属性をセミナーによんで、
そこで、ネットビジネスを教える高額塾が
増えるのではないか?ということです。

これであれば、リアルの営業が得意で、
あまり、ネットが得意で無くても、倫理観を度外視すれば、
ネット系の高額塾で売上を上げていくことが確かに可能です。

したがって、ネットの実力はそこまでないけれど、
営業がとにかく得意!という方や営業要員を複数人そろえて

「インターネットビジネストレーニングラボ」
レベルの内容を教えるセミナー系高額塾が乱立するのでは?
ないかというのが私の予想です。

PCウイルスhttp://ad.yieldmanager.comに注意、広告の消す方法をまとめてみた

インターネットを使い、 さまざまな情報をリサーチしていると、様々なウイルスなどの危険に遭遇することがある。その中で、PC初心者やネットビジネスを開始したばかりの人が陥りやすいウイルスが、広告型のウイルスだ。

続きを読む

アフィリエイトフォーミュラ集客のためのソーシャルメディアマーケティング戦略で必ず押させておきたい5つのステップ

Facebook,Twitterなどが普及した現在では、インターネットビジネスをはじめとしたスモールビジネスにおけるマーケティング戦略としてソーシャルメディアは外せないものとなっている。

ソーシャルメディアは無料でアカウントを取得でき、かつ、Facebookページなどは(広告を打たない限り)無料で運用できるため、手軽にマーケティング戦略の一環として使えることもこのスモールビジネスオーナーにとっては嬉しいことだ。

しかし、その一方で、あまりに戦略が多様化したソーシャルメディアマーケティングは戦略や機能が豊富であるゆえに、どの戦略を取るべきか、どのように各種ソーシャルメディアを運用すれば良いのか迷ってしまっているケースが見受けられる。

そして、最悪の場合、

Facebookページのファンは多いものの、キャッシュポイントに繋がっていない。

結局、リストマーケティングを真剣にやったほうか早かった。

全く自分のビジネスと関係ない人しか集めることができないかった。

などと不満を漏らすことになりかねない。

では、このような事態を避けるため、私たちはどのように、ソーシャルメディアを捉えるべきなのか、どうすれば売上につながるのか。今回はこのような疑問を解決するために、「必ずおさせておきたい5つのステップ」をテーマに、ソーシャルメディアマーケティングを再度捉え直し、問題解決の糸口にしてほしい。

¶1:ゴールを定めよう

まず、あなたが目指すゴールを定めなければならない。この場合ゴールは売上で構わないが、マーケティングは商品やサービスの売上をあげるために、行なう一貫であることを忘れないようにしよう。

このゴールを明確化することで、ソーシャルメディアマーケティングをどのように捉え直すかという議題にはじめて踏み込むことができる。

¶2:あなたの売りたい商品・サービスのターゲットは?

つぎに、商品やサービスのターゲットを決定していこう。例えば、

  • ニーズ
  • ターゲットとなる職業・年齢
  • 地域性

などどのようなターゲットがあなたのビジネスの相手であるかを定めるようにしよう。

¶3:ターゲットに合わせたソーシャルメディアを選択しよう

ソーシャルメディアは多様化しており、それぞれに対してユーザー層がことなる。自分の商品・サービスがそのユーザー層に対してマッチしているか。あるいは、そのユーザー層が頻繁に使用するソーシャルメディアは何か見極めることが重要だ。

たとえば、Twitterを使用する主な層は、10代から20代の若い層が中心で、彼らは、2chの言い争いや、最新の芸能ニュース、サブカル系に興味がある人が多い。

これらのユーザーにたいして、トレンド系のアカウントを作成し、Lineスタンプの無料登録や、トレンドブログと組み合わせれば、大きなトラフィックとなる。

¶4:あなたの商品・サービスのUSPを明確化し見込み客に伝えよう

あなたが商品を打ち出すとき、そのサービスのUSPを明確化させなければならない。そのUSPがもっとも伝わるソーシャルメディアは何か、あるいは選択したソーシャルメディアでどの程度の訴求効果があるか検討しよう。そして、最も効果の高いと判断できるラインでそのソーシャルメディアを運用していこう。

ここで、ツールなどで自動化できるものは自動化し、できるだけひとの労力を使うことを回避していこう。

¶5:運用歴とトラフィック・コンバージョン数・レートを確認しよう

ソーシャルメディアの運用履歴を予めスケジューリングしておき、1~4のトピックのなかで見えてきたベストの運用タームで運用していこう。そして、ソーシャルメディアからのトラフィック、コンバージョン数・レートを細かくチェックしよう。

このようにして数週間~2ヶ月程度運用してみて、もう少し、改善できる点はないか?、あるいは最も効果的だった事象を洗い出し、そこから、新たな運用計画を練り改善していこう。

Conclusion

ソーシャルメディアはマーケティングのひとつの手段にすぎないが、多くのユーザーがいるため、自分のビジネスにマッチした層をあつめることができれば、それは収益を生み出す鍵となる。

あなたも、今回のステップを踏みながら、マーケティングを成功させてほしい。

アフィリエイトフォーミュラを実践するにあたりソーシャルメディアを活用しリストビルディングを可能にする方法

多くのソーシャルメディアが出現した現在においては、ソーシャルメディアによる集客経路が多角化し、それぞれのユーザーに対してそれぞれの戦略が開発されている。

たとえば、Twitterでは、トレンドサイトと連動させて、トレンド記事をツイートし、アクセスを集めたり、Facebookでは、いいね!が増えるような自己啓発系の記事を投稿して記事をつぶやいたりしている。

しかし、これらの行為はあくまで集客の一つであり、最終的に私たちが目指さなければならないことはオプトイン(メールアドレスをメールマガジンに登録してもらう行為)してもらうことだ。

つまり、リストビルディングをするためにソーシャルメディアを使うのであり、それ以外の目的で使用する行為は、大きなキャッシュポイントとなりにくい。

そこで、今回は、ソーシャルメディアを使い、いかにしてリストビルディングをしていくかについて解説していく。今回私が解説することは日本でも英語圏でも普遍的にいわれていることであり、成果が実証されている一般的な法則だ。

今回の話であなたのインターネットビジネスに対する考えがさらに確証的なものになったり、初学のものが存在し、新たなインプットとなるだろう。

¶1:オプトインで必要なこと

オプトインはメールマガジンに登録してもらう行為なので、ただ単にメールマガジンを購読するように勧めることでも成立する。しかし、現在のインターネットユーザーは情報リテラシーが以前よりも向上しているため、そう簡単に登録してくれるものでもない。

彼らは、登録したことによる見返りを求めているのでありその登録によって何が得られるかということを要求している。

そこで、私たちは、この欲求に応えるため、プレゼントを容易しなければならない。そのプレゼントとは、動画プログラム、音声プログラム、PDFレポート、ウェビナー(ウェブセミナー)などだ。

これらをプレゼントする代わりにメルマガに登録してもらう行為にいたりはじめてリストビルディングが開始されるのだ。

¶2:プレゼントの性質

  • 動画プログラム

動画プログラムはオプトインのなかで主流になっていくもののひとつだ。これは、プロダクトローンチ形式でするのであれば、

  • 7日間自己改革プログラム
  • 1週間で1万円を確実に稼ぐプログラム
  • 〇〇との極秘対談

 

などといった、販売ラインのシナリオに乗せていくパターンか、あるいは、情報商材のようなコンテンツを提供するパターンの2種類にわけることができる。

コンテンツを提供するパターンであれば、

  • 〇〇〇〇基礎講座
  • 〇〇アフィリエイト
  • 電脳せどり実践講座

などだ。

これらのパターンを自分の売りたい商材とのマッチングを考えながら作成することによって、オプトインからの成約を高めることができるだろう。

  • 音声セミナー

 

音声セミナーは昔からインターネットビジネスで使用されているもので、自分の声でコンテンツを作成し、配布するというものだ。自己啓発・恋愛系で非常に使える手段で、例えば、

明日から上司を操る方法ブサイクでデブな俺が90日でクラスのなかで美女を〇〇人抱いた方法どんな挫折にも負けないマインドセット

などなどこのようなコンテンツを無料でプレゼントすると、ipodやウォークマンなどに入れて継続的に聞いてくれたりするので、あなたの最高の顧客に変わっていきやすい

  • PDF

 

PDFは昔ながらの手法であるが、現在でも効果のあるコンテンツの一つだ。現在では、Kindleなどのマーケットプレイスでだれでも気軽に本を出版することができるようになったたため、それらの本のスクリプトをPDF化し配布するケースも見られている。

  • ウェビナー(ウェブセミナー)

 

英語圏でよく見られるが、日本ではまだ一般的でないものがこのウェブセミナーによるオプトインの促進だ。ウェブセミナーはライブまたは録画で収録した動画を、時間指定し、その時間に指定したURLをクリックすれば見ることができるもので、英語圏ではこのウェブセミナー専用ツールが開発されている。

また、Googleハングアウト、ユースストリームを使ったライブセミナーなども開催することができる。

以上のもののいずれかをプレゼントすることにより、そのプレゼントを受け取った方が、満足していてもらえるようになる。

¶3:ソーシャルメディアによる集客

無料プレゼントの種類を理解し、無料プレゼントを作成することが出来た時点で、つぎは集客の段階に入らなければならない。集客の手段は有料のものから無料のものまで、色々あるが、資金の少ない段階では無料の集客経路を活用することがベターな選択だ。

その無料でできる集客手段として日本でも、英語圏でも最も有効とされているのが、ソーシャルメディアの活用だろう。

ソーシャルメディアはFacebook、Twitter、Pinterest、はてなブックマークなど様々なソーシャルメディアが存在している。

このなかで現在最も有効とされているのがFacebookとTwitterだ。特にTwitterはツールなども出まわっており、ユーザー数も非常に多いのが特徴だ。

ではこれから、それぞれのソーシャルメディアの基本的な集客方法についてひとつひとつ記述していく。

Facebook

Facebookは個人アカウントを育てるか、Facebookページのアカウントを育てるかの2種類にわかれている。これは、日本と英語圏の文化の違いであるが、英語圏ではFacebookページをしっかりと育てているのにたいして、日本では、個人アカウントを育てる傾向にある。

これは、現在Facebookを使って集客している層がHTMLやCSS、ワードプレスの知識に乏しいため、本来SEOも意識して取り組まなければならないはずのFacebookをFacebookページをあまり力を入れずに育てているためだ。

これとは対象的に、英語圏ではFacebookページをオプトイン後のマーケティング・プロセスと同機させ、オプトイン後のプロモーションでFacebookページを育てている。

実際に、英語圏のFacebookマーケターは自分の個人のFacebookアカウントに対していいねが多くて2桁であったりする一方で、自分のサイトでのいいね!は300を超えている。(Facebookページは100弱から30程度である場合が多い)

 Twitter

Twitterの使い方は日本と英語圏でほとんど乖離していない。むしろ日本人はツイッターユーザーが多いため、非常に有効な手段であるし、ソーシャルメディアとしてはてなブックマークが発展しているため、はてなブックマークユーザーであるTwitterユーザーをファン化させることが出来れば、はてなブックマークからの集客も可能になる。

Pinterest

日本ではまだ一般的に普及していないものの英語圏ではひとつの大きなソーシャルメディアとして注目を集めている。しかし、Pinterestを使ったマーケティングは自分にグラフィックソフトを使いこなし、作品を作ることができないと集客手段として使えない。

そのため、まだ日本でPinterestが普及する前にグラフィックソフトを習得しておいて、ブームが来たときにそのブームに乗れるような準備をしておく必要があるだろう。

はてなブックマーク

はてなブックマークは1時間以内に3人のはてなブックマークユーザーがブックマークすると、はてなブックマークの新着ランキングに掲載される。そこからさらにブックマークされることにより、記事が拡散されるようになりやすい。もし、これが上手く行けば、たとえアフィリエイトのサイトでも1記事1万アクセスも可能になる。

Conclusion

今回の内容を簡素化すれば、フリーのコンテンツを動画や音声PDFなどで作成し、そこにたいしてできる無料集客手段が、ソーシャルメディアというわけだ。あなたが上記の性質をしっかりと理解し、活用することができれば、リストビルディングをしていくことができる。あなたがソーシャルメディアからしっかりとオプトインリストが取れていくことを期待している。

 

 

アフィリエイトフォーミュラを実践する前に知っておきたいFacebookマーケティング

2011年から2013年にかけてフェイスブックによる集客というものが流行している。フェイスブックはネットとリアルがより近い距離感でつながる感覚を味わえるため、インターネットビジネスをネットワークビジネスのように利用する方が増えているのが現状だ。

そこで、今回は、私が2013年5月に作成した現在のネットビジネスにおけるFacebookの活用方法について解説したレポートのスクリプトを下記に掲載した。この記事 (レポート)を読めばあなたは現在ネットビジネスの業界で行われているFacebookマーケティングの手法のすべてがわかるだろう。

フェイスブックマーケティング解説動画

今回のレポートは動画講義でレポートの詳細を解説している。レポートでは解説しきれなかった内容をこのレポートで解説しているのでこの動画を参考にFacebookを活用してほしい。

 

Facebookマーケティングもくじ

  • 1章:facebook集客
  • 2章:facebookの個人アカウントとfacebookページの役割
  • 3章:facebookとワードプレスの連結(ソーシャルプラグイン)
  • 4章:Welcomeページの作成とアプリを使った各種メディア連結方法
  • 5章:facebook広告の出稿
  • 6章:リアルビジネスで使える地図機能とクーポンの作成
  • 7章:懸賞アプリ・スピードくじの作成と各種カスタマイズ
  • 付録:イベント機能使用方法・グループ作成方法・プライバシー設定方法など

1章:facebook集客

l.  ご挨拶

このレポートを手にとってくださったあなたは

おそらく、ネットビジネスをやっている、あるいは、

興味がある方が中心であると思います。

 

また、現在リアルビジネスをやっていて、

ネットからの集客を実践してみたいと考えている方

も手にとっていることでしょう。

 

このレポートはそのようなあなたに

少しでもお役に立てて頂き、集客、そして、

最終的な目標である収益アップに貢献できるよう

基礎から徹底的に解説しています。

 

もちろん、

本レポートはマーケティングがよくわからない、

あるいは、

webの知識はあるけれどソーシャルメディアマーケティング

はまだ手つかずの方にも配慮して執筆いたしましたので、

無理なく読み進めていけると思います。

 

このレポートをきっかけに、あなたのビジネスが加速する

ことを願っています。

では、早速中身に入っていきましょう。

 

l.  ソーシャルメディアの台頭

 

あなたは、普段どのような経路から情報を仕入れていますか?

 

おそらく15年くらい前であれば、

テレビや新聞あるいは雑誌などからニュースを見たり

あるいは、折込チラシなどの広告媒体から

情報を仕入れてくることが一般的な回答でしょう。

 

しかし、現在メディアが多様化した時代に生きるあなたは、

従来の新聞・テレビだけでなく、ネットあるいは、

Youtube・Twitter・Facebookなどからも情報を仕入れている

ことと思います。

 

このように情報媒体が多様化した時代では、

かつてのテレビ広告や新聞の折込チラシなどの

トップダウン型の情報発信で一方的な宣伝であったものが、

 

ソーシャルメディアの台頭により、Facebook・Twitterなどから、

より良い情報が自然に「口コミ」で拡散していく広告媒体

に変化していきました。

 

このソーシャルメディアは、テレビ広告などのように

画一的な情報発信という方向性ではなく、

人と人との関わりのなかで伝播する、

いわば、

水平方向に情報が広がっていくという特徴があります。

アフィリエイトフォーミュラ

画像引用元(http://www.hybrid-cms.net)

 

また、その情報は家族、親戚、友人などの

信頼出来る人から情報が伝播していくために

人に伝えたくなる情報であれば、

発信者に影響力がなくても拡散させることが

可能になります。

 

以下の画像は私が全く無名の状態で発信した情報が

200シェアを獲得した証拠写真です。

アフィリエイトフォーミュラ

上記の画像にリンクさせたブログでさらに153シェアを獲得することが出来ました。

facebook03

このように、発信する情報の質が高ければ、

その人(または企業)の知名度にかかわらず

情報が拡散され、多くの人にシェアされ、

最終的には、感謝されるようになり、ファンと

なっていくのです。

 

l.  Facebook集客の核心

 

ここまで読んでいただいたあなたは

facebookを中心としたソーシャルメディア

でどのように情報が拡散し、

どのように見込み客にリーチされるか

をお分かり頂けたと思います。

 

では、そのソーシャルメディアにおいて

どのような目的意識を持ちながら、

どのように情報発信していけば、

あなたのブログ(あるいは商品・サービス)

のファンを獲得することができるのでしょうか。

 

その答えは大まかに3つ存在します。

その3つの答えとは、

①   売り込みの要素を極限まで消し、機能的価値の高い情報を発信すること

②   興味を持ってもらうために、そのブログ(あるいは商品・サービス)の価値を知ってもらうこと

③   リピートしてもらう環境を整えること

です。

これに加え、

ビジネスを本格的にやられている場合は、4つ目として、

④   収益化できるラインを作っておくこと(キャッシュポイントの構築)

が重要になります。

 

いくら見込み客を集めたところで、

最終的にコンバージョンが悪ければ、

集めてきた意味がないですから、

この4番目の項目を怠ってはなりません。

 

 

①   「売り込みの要素を極限まで消し、機能的価値の高い情報を発信すること」

 

ソーシャルメディアでは「共有」される

ことによってその拡散性が増加すること

に価値があります。

 

具体的には、人がその情報を「いいね」と思い、

他の人に伝えたいと思うことで「シェア」される

あるいは、「ツイート」されることに価値があるのです。

 

(※そのほかにもはてなブックマーク、Google+などのメディアで共有される場合があります)

つまり、シェアされ、拡散されなければ

ソーシャルメディアを使ったマーケティング

はできないわけです。(特にFacebookは顕著)

 

では、ここであなたに考えて欲しいのですが、

あなたが友達に知らせたい(つまり、共有したい)

と思うような情報はどのような情報でしょうか。

 

おそらく、

  • ①   日常生活や行事、レジャーなどで役に立つ情報

例)美味しいラーメン屋、渋滞情報

  • ②機能的価値の高い情報

例)ソーシャルメディアの新機能の使い方

  • ③芸能ニュース速報

例)WBCやワールドカップの速報、芸能ニュース・スキャンダル

④偉人などの心に響いた言葉・名言

例)ガンジーの言葉、プロ野球・サッカー選手・有名な経営者の発言

などでしょう。

 

つまり、友達に伝えることによって

その友達に何らかのメリットを与える事ができる情報です。

 

その一方で、あなたが共有したくない情報

とは、どのような情報でしょうか。

  • ①   人の誹謗中傷など他人に不快感を与える情報

例)2chなどの書き込み

  • ②犯罪の報道・ワーキングプアなどの社会問題

例)強盗事件の報道

  • ③売り込みがかかりそう、あるいは、実際に売り込みのためのサイトのリンクが貼られた記事

例)「誰でも簡単に稼げる」などを謳ったアフィリエイトリンク、実際の販売ページのリンク(アフィリエイトリンク)

 

など、常識的に考えて上記の情報は

あまり共有したくないと思います。

 

つまり、「少しでも売り込まれるな」と

思われたり、「ネガティブ」になるような情報

を流しても、誰も共有してくれないために、

ソーシャルメディアマーケティングで重要な

「共有による情報拡散」ができなくなってしまうのです。

 

ここで、あなたはひとつ疑問に思うかもしれません。

「売らないと買ってもらえないのではないか。」

 

確かに、クロージングをかけて初めて収益というものは

発生します。しかし、考えてみてください。

 

いきなり「この商品は素晴らしい商品です!買ってください。」

と言われても、あなたはたとえその商品

の特徴を説明されたところで、見ず知らずの商品を

わざわざお金を払ってまで買いたいとは思わないでしょう。

 

欲しいとも思っていないまま、いきなり

見込み客にセールスを仕掛けても全く売れるわけ

ないのです。

 

要するに、セールスを仕掛ける前にやるべきことは

まず「見込み客に興味を持ってもらう」

ということです。

 

まず、その商品・サービスに関連する情報を発信し、

優良な見込み客を集めることを行うのが重要なのであり

いきなり売り込んで収益化することがソーシャルメディア

では重要なことではないのです。

 

 

②   興味を持ってもらうために、そのブログ(あるいは商品・サービス)の価値を知ってもらうこと

 

いくら見込み客を自分のブログ・サイトに

誘導することができたとしても、

興味を持ってもらわなければ成約には至りません。

 

そのため、様々な経路で集めてきた見込み客に

信頼してもらう、好きになってもらう必要があります。

 

そこで、どのように信頼や好意を持ってもらうか

が問題になってくるのですが、

 

これは、以下の要素が重要になってきます。

①   ブログ・サイトが良質なコンテンツであること

②   そのコンテンツによってあなたの商品・サービスにどのようなベネフィットがあるかを認識してもらうこと

③   販売者・情報提供者を信頼してもらうこと

 

まず、①に関してですが、

ブログ上にアフィリエイトリンクがたくさんあったり、

無料オファーの勧誘、あるいは、

売り込むためのコピーが散りばめられていては

そのブログ・サイトに訪れた人が幻滅してしまします。

 

ECの場合は、いかに綺麗に見せるか、

魅力を感じてもらえるか、

品揃えが豊富であるかなどが大事ですので

売り込みという点では異なりますが、

 

アフィリエイトなどの情報関係の場合は

まずそのブログのファンになってもらうことが重要ですので

売り込みの要素を極力消して、

ブログのコンテンツに魅力を感じてもらうことが大切です。

 

売り込みばかリのブログでは、そのサイトを見た人が

そのブログのファンになってくれることはまずありませんし、

ファンになったとしても一時的なファンで

終わってしまいます。

 

この点に関しては芸能系のトレンドサイトは有利である

と言えます。売り込みをすること無くアドセンスと

物販アフィリで稼いでいくため、

売り込みの文章を書く必要がないからです。

 

次に②に関してですが、

これはあなたのブログを通じて、

あなたのやっているビジネスが

いかに見込み客に対してベネフィットがあるか、

あなたの見込み客の悩みや不安を解決するものであるか

を間接的にほのめかしていく必要があります。

 

ただ単に情報発信しているだけでは、

それ以上の価値はありません。

何かしらの情報を提供した後にその

情報によって解決するであろうこと

また、解決した未来を想定させる一文を添えるなどして

メリットを体感させるようにしてください。

 

最後に③に関して、

これは①のコンテンツ(記事)の充実、

②のベネフィットの認識と両輪なのですが、

ビジネスの基本である良好な関係を築くことこそ

が最終的な成功の鍵となります。

まず、コンテンツを充実させ、そのコンテンツに

共感した、あるいは感動した方と連絡を取り合い

信頼を構築してください。

Facebookではコメント機能、Twitterではリツイート機能が

あります。あなたのファンから寄せられたこのような

メッセージにきちんと応答することで

信頼関係は構築されていきますので

うまく活用してください。

③リピートしてもらう環境を整えること

リピートしてもらう環境を整える

信頼関係の話の発展的な内容になりますが、

きちんと信頼関係が築けた場合は

商品をリピートしてくれる方が出てきます。

このロイヤリティの高い顧客に対しては

今まで以上のホスピタリティを持って

対応するようにしてください。

クロージングしてその後はほったらかし

という状態では、短期的には稼げるかもしれませんが、

絶対に長続きしません。

必ず値段以上の価値を提供し、

何度もリピートしてもらえるように

心がけましょう。

これに加えて、「見込み客をリピート」させる

仕組みを作ることも大事なことです。

FacebookではフェイスブックページまたはLikeBox

 facebook0002

にいいね!をクリックしてくれた人のニュースフィード

にfacebookページの更新情報が表示されます。

これによって、継続的に無料でファンに

リーチできるようになります。

人間は繰り返し目に見るものに親近感が湧くという

ザイオンス効果によって、そこから徐々に

ファンになっていく傾向になるので

このような仕掛けを必ず導入し濃いファンに

なってもらいましょう。

※1

Likeboxの設置方法についてはソーシャルプラグインの章で動画解説しています。

※2

Google+にもGoogle+バッジというLikeboxと同様の機能があり、こちらもフォローボタンをクリックしてくれた方のニュースフィードにGoogle+ページの更新情報が表示されるようになります。

 facebook05

(Google+バッジの例)

※3

Facebookページあるいはブログの投稿記事にいいね!を押してもらえれば、いいね!を押した人の友達の一部の広告欄に記載されます。

④収益化できるラインを作っておくこと(キャッシュポイントの構築)

ビジネスをするのであれば、必ず販売をしなければ

売上は発生しません。

これまでの内容で、「売り込んではいけない」

ということを繰り返し述べてきたのですが、

この販売に関してはひとつの重要な概念を

知っておかないと必ず失敗します。

その概念とは、「売る前に欲しくさせる」

という考え方です。

売り込みをかける前にすでにその商品が欲しい

状態に持ってくることが出来れば、

ほとんど売り込みをかけること無く売ることが

可能です。

要するに、Oathの法則でいう

Hurting(困っている、欲しくてたまらない)の状態にして

販売をしていくことで購入率を上げるということです。

※Oathの法則とは、顧客の心理状況を4つの段階に分けて考えるマーケティング・コピーライティングの法則です。

O(Oblivious)無知の状態

A(Apathetic)興味のない状態

T(thinking)考え中の状態

H(Hurting)困っている、欲しくてたまらない状態

この考え方に基づけば、ソーシャルメディアでは

ObliviousからThinkingへ誘導し、

メルマガ・セールスレターなどで

ThinkingからHurtingへ持っていくこという流れ

で販売していくという流れになります。

つまり、興味を持ってもらった方に

販売を行うために、あらかじめ何かしらの販売ライン

を構築し、買う前に欲しくさせる仕組みと整えておく

必要があるということです。

(※現在ではリストマーケティングが販売ライン構築の主流となっています。)

以上の4つの項目を意識した上でfacebookマーケティングに取り組んでください。

 

l  .エッジランクについて

Facebookにはエッジランクという独自のアルゴリズム

が存在します。

これは、Googleの検索順位に近い仕組みで、

エッジランクがあがると他人のFacebookのニュースフィードに

掲載されやすくなります。

l  エッジランクの構成要素

エッジランクは

「親密度×ウエイト×滞在時間」

によって決まってくると言われています。

①親密度

親密度とは、Facebookユーザーと投稿記事との

関係深さによって算出されるものです。

関係が深いユーザーほどニュースフィードに

表示されやすくなり、関係の浅いユーザーには

投稿が表示されにくくなります。

関係の深さは、

①ユーザーのアクセス頻度

と最終アクセスからの経過時間

②ユーザーのアクション

によって評価されます。

例えば、ある人(あるいはFacebookページ)の

投稿に対して頻繁にアクセスするユーザーの場合は

当然関係が深いといえますし、その人が投稿する

投稿記事を頻繁に読み込んでいるほど親密度が

高いということです。

②ウエイト

Facebookにはいいね!、シェア、コメント、投稿の開封

など様々なアクション機能が備わっています。

そのアクション機能のウエイトによってFacebook側が

その投稿に評価を下します。

ウエイトの評価は下記のようになっていると言われています。

シェア>コメント>いいね!>開封

つまり、ユーザーのアクションとして負担の大きいもの

程ウエイトは重くなり評価は上がっていきます。

この他にも、動画の挿入や画像による「投稿記事の重さ」も

ウエイトの対象になります。

③時間

Facebookでは、投稿が最新のものほど

ニュースフィードの上位に表示されます。

例えば、3分前に投稿した記事と2時間前に投稿

した記事では当然ながら3分前に投稿した記事の

方が評価が高いということです。

次の章からは、Facebookマーケティングの

技術的な側面を解説していきます。

理論を理解しただけでは意味がありませんので、

実践に移すよう心がけてください。

 

2章:facebookの個人アカウントとfacebookページの役割

 

この章からは、具体的なfacebookマーケティング

の方法について解説します。

 

その前にまだ個人アカウントを取得していない場合は

個人アカウントの開設を行なってください。

 

※個人アカウントの開設方法については動画で解説しています。

 

l  .Facebookの個人アカウントとFacebookページの基本的な違い

 

まず、facebookについて理解して置かなければならない

ことはFacebookの個人アカウントとFacebookページの

違いです。

 

 

※基礎的な内容ですので、わかっている方は軽く読み流してください

 

 

Facebookを普段利用している方のほとんどは

この個人アカウントを利用しています。

 

個人アカウントでは、主に自分の近況などを

書き込み、それを見た友達と交流を楽しむ

ことが主流です。いいね!やシェア、コメントを

使い、良い情報を友達と共有したりコメントしあったり

することができます。

 

その一方で、Facebookページはその分野に特化した

内容更新し、Facebookページにいいね!をクリックした

人に情報を届けることが中心です。

 

 

以前にも記述しましたが、Facebookページにいいね!をクリックすると、

そのFacebookページの更新情報がいいね!をクリックした人のニュースフィードに表示されます。

 

 

ではこの機能を踏まえ、どのような役割を持たせ

運用していけば良いのでしょうか。

 

それは、個人アカウントでセルフブランディング

を行い、Facebookページでその専門分野に特化した

情報発信をしていきます。

 

l  個人アカウントの役割

 

個人アカウントでは、セルフブランディングが

目的であるとお話ししました。

 

これは、あなたの近況やあなた自身の考え方

を投稿して、親近感を持たせること、

また、自分の友達と交流することによって

その友達と交流することで信頼関係の

構築を行ないます。

 

その際、煽り立てるような文章ではなく、

あくまで共有・共感してもらえるような

文章を書くことが重要になってきます。

 

例えば、

「近所の桜が綺麗だった」

「ふと思った考え方」

 

などあなた自身のことについて更新していきます。

ただしこのとき注意して貰いたいことは、

 

「あなたの独自性や専門性を加えたコメントを

添え」なければ意味が無いということです。

 

例えば、自分自身がマーケティングの専門家であれば、

居酒屋へ行ったとき、

 

(投稿内容)

Facebookのチェックインでクーポンがもらえた。

ついにこの店もFacebookマーケティングを導入してきたかのか(感想)・・・

・・・(中略)・・・

Facebookのクーポンの作り方はこちら→URL

 

 

など、何かしらの自分の専門性を出し、日常の出来事を

専門的な切り口で解説するようにしてください。

 

※1

Facebookページでのキャンペーンの作成アプリは

「Crocosいいねクーポン」を推奨しています。

※2

この他にも有名なものとして「FaceItPages(Go Smart Solutions,LLC)」

という英語圏のアプリが存在します。

 

l  個人アカウントのデメリット

 

Facebookの個人アカウントはあくまで

交流することが前提となっている

クローズドなソーシャルメディアですので、

Twitterのツール、メルマガのステップメール機能のように

自動化を行なっていくことはできません。

 

そのため、更新が面倒臭かったり、

コメントまわり、いいねまわりをしていかないと

いけなかったりします。

 

ですから、そのような作業に気を取られ、

本来重要な作業が疎かになったり

コンテンツ作成が粗悪になってしまう危険性

があります。

 

Facebookでの交流は楽しいかもしれませんが、

私たちはFacebookを使って収益を上げることが

目的ですので、個人アカウントを育てる場合は

このことに注意して記事の更新、いいね・コメント

まわりを行うようにしてください。

 

l  Facebookページの役割

 

繰り返しになりますが、

個人アカウントの目的はセルフブランディング

であるのに対して、Facebookページでは

「専門分野に特化した情報発信」を行います。

 

内容としては、

「〇〇〇〇についての記事を更新しました。詳しくはこちら→URL」

または、

写真→感想→「ブログでは他にもたくさんの画像を掲載していますURL」

 

など、あくまでブログまたはメルマガに誘導し、

ファンをより濃くしていくことに注力してください。

 

つまり、facebookページはブログのRSS(読者登録機能)

のような役割を担うということです。

 

Facebookページのいいね!の方が

RSS(読者)登録よりも敷居が低いうえ、

Facebook利用者は比較的アクティブに活動しているので

他の機能に比べて簡単に閲覧を促すことができます。

 

※Google+でもバッジのフォローをクリックしてもらえれば同様の役割を果たします。

 

l  Facebookページの運営における注意点

 

個人アカウントではデメリットについて

お話ししましたが、個人アカウントのように

さほどコミュニケーションを取る必要もなく

楽に運用できるため、Facebookページのデメリット

はほとんどありません。

 

ですから、ブログ・サイトを運営している方

であれば持っていない方が損であると言えます。

 

ただし、Facebookページはあくまで、Facebook上

に表示されますので、無料オファーを誘導する

ための記事などの内容の更新情報を流すと、

 

Facebookページのいいね!を解除されてしまいますので、

(ファンにアプローチできなくなる)

 

極力そのような煽り立てる記事の内容は避け、

役に立つ、あるいは読んでいて楽しいコンテンツ

にすることをおすすめします。

 

 

l  Facebookページ作成方法

 

Facebookページを開設方法については下記の動画にて解説をしています。

 

Facebookページの作成には個人アカウントが必要ですので

まだ個人アカウントを開設していない場合は

個人アカウントを開設してから作業を行なってください。

 

 

3章:facebookとワードプレスの連結(ソーシャルプラグイン)

 

この章ではFacebookとワードプレスの連結

するためのソーシャルプラグインの

解説を行います。

 

l  アプリIDの取得方法

 

ソーシャルプラグインを

挿入するにはアプリID(AppID)が必要です。

アプリIDはWordpressとFacebookの管理者が

同じ人物であるかを確認するために使いますので

必ず取得しておいてください。

 

メルマガ登録完了後、自動返信メールの最後の部分にインターネットビジネストレーニングラボ専用サイトのURLとIDパスワードを記載しています。

 

l  ソーシャルプラグイン

 

Facebookにはワードプレスなどの外部のサイトや

Facebookページと連結するための

ソーシャルプラグインという機能があります。

 

ソーシャルプラグインは全部で11種類あり、

アフィリエイトに限らず、

インターネットマーケティングをするうえで

重要な集客の要素になります。

 

l  FacebookとSEO

現在SEOの世界では、

より良いコンテンツをより上位に表示させよう

とする傾向が強くなってきています。

 

以前は、

SEO業者が大量にサイトに被リンクを送ったり、

サテライトブログを量産して、

被リンクを送ることがSEO対策として主流でしたが、

 

現在はそのような「作為的」なSEO対策を

Google側は良しとせず、

自然な被リンク対策かつ

読者のためになるコンテンツを作り込んでいるサイトを

上位表示させようとする傾向があります。

 

これは、Googleの理念である

「よりよい情報をより最適な検索順位の上位に」

からわかるように被リンクを集めるよりも、

コンテンツを充実させることに

主眼が置かれるようになってきたということです。

 

※ただし、動画はGoogleのクローラーが認識出来ませんので

注意してください。

 

そのため、

ペンギンアップロードでは、

不自然な被リンク対策がされているサイトの

検索順位を圏外に飛ばすようにしています。

 

例えば、

同一IPアドレスで運営している

大量のサテライトブログからのリンク、

コンテンツに釣り合わない被リンクなど

 

では、有益なコンテンツを

どのようにGoogleが評価しているのでしょうか。

 

それは、

読者に評価されているかということです。

 

被リンクはもともと「他のブログで参考にされるほど

良いコンテンツを提供しているためにリンクを貼られる」

という理由でGoogleがこれを評価し、

検索順位を決定していました。

 

その考え方と同じように、

「ソーシャルメディアで共有されるほど良いコンテンツを提供している」

という理由で、

ソーシャルメディアでいかに共有されるか

ということが重要になっているのです。

 

つまり、

「ソーシャルメディアで共有される→

読者から支持されているサイト→

Googleが良い評価をつけ→検索順位が上がる」

ということです。

 

そのソーシャルメディアのなかで

Facebookは世界最大級の規模ですから、

当然Googleからの評価も高いのです。

 

 

ただし、

現在Google+とFacebookが競合している状況にあるので、

GoogleがGoogle+での共有をひいきして評価している

可能性があると言われています。

そこで今回紹介するものは

Googleに上位表示してもらったり、

Facebookのタイムラインに表示させたりするために必要な

Facebookのソーシャルプラグインです。

ソーシャルプラグインを使いこなせば、

あなたのブログもFacebookと連結したブログに

カスタマイズすることができるようになります。

 

l  ソーシャルプラグインの紹介とカスタマイズ

下記のURLより動画を参照し、

プラグインの設置を行なってください。

ただし、

プラグインを入れ過ぎると雑多なブログになってしまい

見栄えが悪いですので、注意しましょう。

※お役に立てましたら、

ソーシャルメディアボタンで

共有して頂きますと励みになります。

 

1.Like Button

facebook06

 

 

いいね!ボタンです。

いいね!を押してもらうことで、

いいね!を押した人の一部の友達の

タイムラインに広告として掲載されるようになります。

 

 

2.Send Button

facebook07

 

読者の友達にそのブログ記事を送信することが

できるプラグインです。

 

 

3.Follow Button

likebooks

 

facebookの個人アカウントのフィード購読を

促すためのプラグインです。

 

 

4.Comments

facebook09

 

コメントをすることができるようになります。

Facebookのコメントは荒れにくいのが特徴です。

 

5.Activity Feed

 

アクティビティフィードでは

読者の友達がそのブログ内でどのような活動をしたか

(いいね!やコメントなど)を表示するものです。

 

 facebook10
6.Recommendations Box

facebook11

 

読者に対しておすすめの記事をカスタマイズし、

ボックス内で紹介してくれるプラグインです。

 

7.Recommendations Bar

facebook12

画像引用元(http://www.skuare.net/

 

 

おすすめ記事をブログの下に表示させるプラグインです。一定程度スクロールすれば、表示されるようになります。

 

 

8.Like Box

facebook13

 

あなたのFacebookページにブログ内でいいね!を押してもらえるようにするプラグインです。

 

9.Login Button

facebook14

 

そのサイトにログインをしている友達のプロフィール画像を表示出来ます。

 

 

10.Registration

facebook14

 

facebookのアカウントで簡単にブログの読者登録をするためのプラグインです。

ログインに近い機能ですが、顧客データを取得できますのでその点では便利な機能と言えます。

 

11.Facepile

 

 

いいね!を押した友達やログイン(登録)している友達のプロフィール画像が表示されます。

以上の項目に加えて、

Facebook上で表示されるOpen Graph(オープングラフ)

の編集を行わなくてはなりません。

 

Open Graphとは、下記の画像の部分です。

 

ワードプレスブログのからのシェアに関しては、

Open Graph Proで設定が可能です。

こちらも動画で解説していますので参考にしてください。

 

 

 

4章:Welcomeページの作成とアプリを使った各種メディア連結方法

FacebookにはWelcomeページと呼ばれる

いいね!をクリックすると見ることができるページを

作成することができます。

 

Welcomeページを作成することで多くのいいね!

を集めてそのページのファンを増やすことができますので、

是非活用してください。

 

Welcomeページは通常Facebookアプリを使い

作成しますので、今回はそのアプリを紹介します。

 

l  スタティックタブPlus

まず、下記のURLよりスタティックタブPlusのFacebookページに入ります。

すると、下記の画面が出てきますので、「いいね!」をクリックしてください。

facebook16

いいね!をクリックすると、下記の画面が現れますので

 

facebook17

スタティックタブPlusインストールをクリックしてください。

facebook18

ビジネスアカウントの「選択する」をクリックし、

facebook19

必要事項を明記のうえ

facebook20

上記のチェック欄にすべてチェックをいれ、「利用規約に同意し登録」をクリックします。

facebook21

すると本人確認のためのメールが届きます。

 

この時点では仮登録が済んだ段階ですから

本登録を行わなければなりません。

 

本登録は、必要事項の項目欄に入力したメールアドレス

にメールが届きますので、メールを確認し、

URLをクリックすると本登録が完了します。

facebook22

 

上記のようなメールが届きますので、

URLをクリックし本登録を行なってください。

facebook23

本登録が完了しますと(本人確認が完了)

上記の画面が現れますので、「ページ利用設定へ進む」

をクリックしてください。

facebook24

スタティックタブPlusを追加するをクリックすると、下記の画面にスタティックタブが追加されます。

facebook25

上記の赤枠をクリックすると、

facebook26

上記の画面が現れますので、初期設定画面をクリックしてください。

 

下記のページライセンス種別を選択する画面が現れますので、

facebook27

スモールビジネスを選択してください。

facebook28

すべてのチェック欄にチェックを入れ、このページでアプリの利用を開始

をクリックしてください。

facebook29

ページ名を設定し、更新をクリックしてください。

facebook30

最後にページの編集を行います。

デフォルトの状態では上記の画像のようにタグ打ちで

入力していく形式になります。

 

おそらく、多くの方はサイト構築を自分では

できないでしょうから、

タグ打ちで入力するのではなく、

「ブログ風HTMLエディタ入力」に切り替え

編集を行ってください。

facebook31

 

 

ブログ風HTMLエディタに切り替えますと、

ワードプレスと同じように編集することができます。

 

編集が完了しましたら、「この内容で登録する」をクリックしてください。

 

続いて、いいね!をクリックした人だけ

が見ることができるページを作成します。

 

「ファン限定表示あり」に切り替えると

その下にファン限定ページの編集画面が表示されます。

 

facebook32

こちらのページも上記のページと同様の編集方法で

編集できます。

 

こちらも編集が完了しましたら「この内容で登録する」

をクリックして保存してください。

 

最後カスタムタブの編集を行います。

facebook34.png

カスタムタブにカーソルをあわせ、「ペンのマーク」

をクリックしてください。

facebook36

まず、カスタムタブ名を変更し「保存する」をクリックしてください。

 

つぎに、カスタムタブの画像の「変更」をクリックし、

自分のローカルディスクより画像を選択します。

 

カスタムタブの画像のサイズは「111px×74px」

でなければなりませんので、画像編集ソフトを

使い編集してください。

 

画像編集ソフトは「Photoshop」がベストですが、

無料で使える「Photo Scape」で十分に対応出来ます。

 

Photo Scapeのダウンロードはこちら

http://freesoft-100.com/review/photo-scape.php

 

Photo Scapeでの画像のサイズ変更の方法は

facebook37

Photo Scapeの編集画面のホームの欄よりリサイズを選択し、

facebook38

幅を111px、高さを74pxに変更しOKを選択します。

 

ちなみに、画像を1から作成する場合は111px×74px、

あるいはこのサイズの拡大サイズで作成してください。

 

 

(完成例)

facebook39

以上でWelcomeページの作成は完了です。

 

l  Youtube・Twitter連結方法

facebook40

YoutubeとTwitterを連携させる方法については

動画にて解説しています。

下記のURLより動画を御覧ください。

 

 

 

l  asomin

asimin

画像引用元(http://www.facebook.com/asomin

asominはFacebookアプリの中で最も多機能なアプリです。

 

Asominについては動画にて設置方法と

その使い方を解説していますのでかきのURLより動画を御覧ください。

 

 

 

l  Facebookページ内にブログやランディングページを設置する方法

 

Facebookページ内にブログや

ランディングページを設置するためには

Facebookの開発者ページからアプリを作成し、

必要事項を入力していく必要があります。

 

詳しくは動画にて解説していますので、

そちらを御覧ください。

 

 

 

5章:facebook広告の出稿

続いてfacebook広告の出稿方法について解説します。

Facebook広告の出稿方法については動画で解説していますので

そちらを御覧ください。

 

 

 

Facebook広告の効果測定はfacebook広告マネージャー

というサイトでYahooプロモーション広告・Googleアドワーズ広告

のように確認することができます。

 

l  Facebook広告基礎理論

Facebook広告は現在最もターゲットを絞って

出稿でき、Facebookの拡散性から考えても

広告単価はYahooプロモーション広告や

Googleアドワーズ広告に比べて低い傾向にあります。

しかしながら、

セールスの匂いがするもの(例えば、無料オファー)

だと拡散せずに、最大の広告効果を得ることができない場合があります。

また、

育毛剤などの商品のPR、ダイエット商材のPR広告は

いいね!をクリックしたことを友達に知られたくない

人が大勢いますので、拡散されにくい傾向があります。

そのため、悩み系の商材のPRにはfacebook広告は適していません。

したがって、

自分のビジネスがいろんな人が共有してくれる(いいね!を押してくれる)

ようなビジネスであるかを確認した上で、

Facebook広告の出稿を検討してください。

情報ビジネスは、胡散臭いイメージがあるため、

なかなかインセンティブ無しではいいね!をクリック

してもらいにくい傾向があります。

そのため、プレゼントとして動画やレポート

ツール、アプリを用意してからいいね!(またはアドレス登録)

を促進するようにしてください。

上記の事項を踏まえた上で、

次にFacebook広告でどのような媒体

に誘導していけばいいかについて解説します。

結論から述べますと、

  • ①facebookページへのいいね!の促進
  • ②アドレス収集をするためのランディングページ
  • ③自分のブログ・サイトへの誘導

の3つです。

 

①facebookページへのいいね!の促進

いいね!を促進することでいいね!をクリック

してくれた人のfacebookのタイムラインに

facebookページの投稿が表示されます。

つまり、そのファンに対してプッシュ型のマーケティング

を仕掛けることができますので、

有効な誘導先といえます。

ただし、何らかのプレゼントを準備

しておいてインセンティブを与え、

いいね!のクリック率を高めなければ

広告料が無駄になってしまいますので

注意してください。

※1

広告がクリックされた数(いいね!がクリックされた数)

を広告の表示回数(インプレッション数)で割った値を

クリック率(CTR)click through rateと言います。

これはネット広告の用語でPPCなどの

解説でも頻繁に使用される用語ですので

覚えておいてください。

※2

ネット広告に関しては以下の3つも同時に覚えてください。

・CPC(Cost Per Click)1クリックあたりの単価

・CPM(Cost Per MilleまたはCost Per thousand iMpression)1000件の表示回数あたりの単価

・ROI(Return on Investment投資額に対して利益が何%出るかを示す指標

 

②アドレス収集をするためのランディングページ

アドレスを収集するランディングページを広告

のリンク先に指定することで見込み客のメールアドレスを

取得することができます。

「Facebookページ内にブログやランディングページを設置する方法」の動画にてfacebookページ内にランディングページを設置する方法を解説しています。

で動画解説していますので参考にしてください。

ただし、かかった広告費に対して

自分がいくらで回収できるかという損益分岐点を

考えながら広告を出稿してください。

例えば、CPM200円×100件の広告費(合計20000円)

をかけて出稿した広告を作成したとしましょう。

この広告でリーチできた100000件のインプレッション数に対して

1%のアドレス登録率であれば1リストあたり200円で

100件のメールアドレスを獲得できます。

この100件のアドレスから広告費である20000円以上

(つまり1リストあたり200円以上)

で回収できなければ赤字です。

※これはいいね!の獲得でも同じように考えてください。

このように、採算が取れるラインを見極めながら

広告を打つようにしてください。

Facebook広告は少額から始められますので、

実験程度に導入することから始めてみてもいいかもしれません。

 

③自分のブログ・サイトへの誘導

ECサイトなどを運営しているのであれば、

いきなり販売サイトに誘導してもいいかもしれません。

情報ビジネス系やコンサル系のビジネスとは違い、

物販ではいい商品であればそのブランドの

ファンがいいね!をクリックして拡散されます。

ただし、広告効果の測定が難しいこと、

購買のためにクリックしたわけではないため

コンバージョン率が悪いこと

といったデメリットも存在します。

以上の3点を踏まえ、あなたのビジネスに

最適な誘導先を決めてください。

 

l. 広告作成の注意点

広告を作成するにあたっては、

必ずクリックしてもらう(何らかの行動をとってもらう)

に相応しいオファーやベネフィットを画像と広告コピーで提示しましょう。

文章でオファーをかけるのは当然ですが、

人間はそんなにじっくり広告を見ません。

ですから、そのオファーやベネフィットを

認識できるような画像を作成し、

広告を作るようにしてください。

たとえオファーが素晴らしくても

目立たない広告であれば、クリック

されにくくなります。

必ず素晴らしいオファーと目立つ画像及びコピーを

作成しましょう。

 

6章:リアルビジネスで使える地図機能とクーポンの作成

l  地図機能

店舗の集客やセミナー・イベントの集客に役に立つ

地図機能をfacebookページに挿入する方法については

動画にて解説していますので、そちらを御覧ください。

l  クーポンの作成

現在、店舗集客においてfacebookのクーポン機能を

使ったマーケティングが流行しています。

クーポンの作成方法についても動画で解説していますので、

そちらを御覧ください。

 

7章:懸賞アプリ・スピードくじの作成と各種カスタマイズ

懸賞アプリやスピードくじを使い、

Facebookページのファンを増やすことができます。

懸賞アプリ及びスピードくじの作成については

こちらの動画を御覧ください。

また、ノート機能やカスタムタブに動画を設置する

などしてfacebookページを充実させることができます。

ノート機能の使い方及びカスタムタブに動画を挿入する

方法については動画で解説しています。

 

付録

l  プライバシー設定

個人アカウントのプライバシー設定の方法について

解説した動画をご覧ください。

 

 

プライバシーの設定を行うことで

自分の家族や親しい友人のプライバシー保護に

つながりますので、動画を参考に設定してみてください。

 

l  グループの作成

個人アカウントでグループを作成する方法

について解説した動画があります。

Skypeのグループチャットに似た機能ですので、

よろしければグループを作ってみてください。

 

 

l  イベント機能使用方法

セミナーや懇親会・オフ会などの集客を

Facebookのイベント機能を使って行なう

ことができます。

l  友達申請について

Facebookの友達申請の理論について解説します。

Facebookの個人アカウントの友達は自分の

コンテンツを拡散させる母体となる集団ですし、

Facebookページからいいね!をリクエストできるので、

まず、目標として1000人の友達を作りましょう。

ただし、

そもそも、友達申請はひたすらスパムの

ように友達を増やそうとしても

意味がありません。

スパムのように知らない人にリクエストしてしまうと

ブロックされてしまい、申請機能が止められてしまい、

最悪の場合、アカウントを停止されてしまう危険性があります。

ですから、申請だけをするのではなく、

  • ①どこのメディアからやってきたのか
  • ②どういう経緯でその人のことを知ったのか
  • ③なぜ友だちになりたいのか

などを述べた後に、

「よろしければご承認して頂きますと幸いです。」

「ご承認して頂けないでしょうか。」

などメッセージを添えて、

申請するようにしてください。

※1

メッセージ欄を表示しない個人アカウントの

方もいらっしゃいます。

その方はメッセージを送ってほしくないという

意向の現れですのでそのような方には

リクエストを送信しないことが無難です。

どうしても繋がりたいのであれば、

セミナーなどに参加して懇親会などで

「リクエストを送信させて頂いても宜しいでしょうか。」

などと確認をとってから申請するようにしてください。

※2

友達を増やしたいという目的で

存在しているfacebookグループも存在しています。

そのようなグループは大抵すべて投稿などが

公開されていますので、

そこに投稿している人を中心に

申請をして友達を増やしても良いかもしれません。

 

l  友達申請テンプレート

友達申請をするときのテンプレートを

作成しました。

下記のテンプレートを参考にしてメッセージを

送信してから友達申請をするようにしましょう。

[テンプレート]

はじめまして、〇〇と申します。

この度、〇〇様の公開している

〇〇の投稿(シェア)よりご訪問させて頂きました。

〇〇様の~~~(投稿・動画・メルマガ・ブログの感想)~~~

宜しければご承認のほど宜しくお願いします。

[テンプレート2]

本日は大変素晴らしいセミナーを開催していただきまして

誠にありがとう御座います。

本日のセミナーでの~~~(セミナーの感想)~~~

宜しければご承認のほど宜しくお願い致します。

 

l  個人アカウント削除方法

動画やPDFのチュートリアルを作成する際に

サンプルとして作ったFacebookアカウントが

不要になる場合があります。

そのときのために、個人アカウントを削除する

方法について解説した動画を作成しました。

 

 

 

l  Facebookページ削除方法

個人アカウント同様、チュートリアル用の

Facebookページを削除するときどのように

作業を行えば良いかを解説します。

facebook42

まずfacebookページの管理者用パネルから「Facebookページを編集」

をクリックします。

facebook43

「設定を編集」をクリックしてください。

facebook44

「権限の管理」を選択し、

facebook45

「ページを削除」の「(Facebookページ名)を完全に削除する」をクリックします。

facebook46

「facebookページを永遠に削除しますか?」という欄が出ますので、

「削除」をクリックすればFacebookページを削除出来ます。

終わりに

最後までお読みいただきまして誠にありがとうございます。

あなたの貴重なお時間を割いてこのレポートを読んでくださった

ことに感謝いたします。

アフィリエイトフォーミュラのメルマガアフィリエイトを実践する前に必ず準備しておきたいこと

アフィリエイトフォーミュラはメルマガアフィリエイトの商材として2013年以降スタンダードになる教材だ。この商材を実践すればあなたはどのようにメルマガアフィリエイトを進めていけば良いのかわかるはずだ。

また、私の特典を使えば、サイトアフィリエイトからどのようにメルマガアフィリエイトに移行するか、あるいは、他者と圧倒的な実力差をつけ、顧客を惹きつける動画マーケティングのスキルを手にすることができる。

しかし、いざあなたが実践しようと思っても基礎的な準備ができていなければ、なかなか実践に移ることが難しいだろう。例えば、「メルマガ配信スタンドの登録」「レンタルサーバーの契約」などは予めして置かなければならない。

そこで今回は「アフィリエイトフォーミュラを実践する前に準備しておきたいこと」をテーマにどのような準備を進めておくべきかを解説する。

メールの環境を整えよう

ネットビジネスをはじめるにはまずはメールの管理を適切に行なう必要がある。ネットビジネスではASPからの案件の確認、クライアントとのメール対応、良い情報が手に入るメールマガジンへの登録など、ひとつのアドレスとひとつの受信フォルダだけでは、情報が散乱してしまい上手く情報が処理できない。最悪の場合、重要な情報を見落としてしまうなどの失態を招きかねない。

そのような事態をさけるため、まずはメールが適切に管理できる環境を整えよう。

おすすめメール管理ツール

OutLook

メール管理ツールのおすすめはOutLookだ。OutLookはWindowsを使っていれば標準装備されているツールで、誰でも簡単にメールの管理ができる。

以下の動画ではOutLookのメールの管理方法について解説しているので、この動画を参考にメール管理をはじめてほしい。

Mozila Thunder Bard

Thunder BirdはブラウザのFire Foxで有名なMozila社が無料で提供しているメール管理ソフトだ。無料ながらOutLook同様の機能が使えるというすぐれものだ。

Mozila Thunder Birdの使い方は下記の動画ないで解説している。もしあなたのPCにOutLookがない場合はこのMozila Thunder Birdを使って欲しい。

 

 これ例外にもクラウド型のメール管理ソフトなどがあるが、個人としてメールを管理するのであればこのメール管理ソフトで問題ない。

レンタルサーバーを契約しよう

レンタルサーバーは自分の動画ファイルや音楽ファイル、あるいはワードプレスブログ・HTMLサイトを作成するときに必ず必要になるものだ。レンタルサーバーは500円から1000円程度で契約することができる。

おすすめのレンタルサーバー

私がお勧めするレンタルサーバーは以下のものだ。

  • さくらサーバー(スタンダード以上のプラン)
  • ロリポップ(チカッパプラン)
  • Xサーバー(1,050円のプラン)

である。Xサーバーは現在国外IPアドレスのアクセスを制限し、セキュリティを強化しているため、国外向けのサービスや国外からのサイト訪問者に対して、そのXサーバーで管理しているサイトにアクセス出来ないというデメリットがある。しかし、国内でビジネスをするのであれば、99%の訪問者に対しては問題ないだろう。

レンタルサーバーは自己アフィリエイトできる

レンタルサーバーはA8ネットでパートナーズ提携をすれば、自己アフィリエイトで購入することができる。レンタルサーバーのなかには自己アフィリエイトできないものもあるが、ほとんどのサーバーは自己アフィリエイトできるので下の動画を参考にレンタルサーバーを契約しておこう。

独自ドメインを取得しよう

 レンタルサーバーの契約が完了したら、つぎは自分のメインサイトをつくるためにドメインを取得しよう。ドメインはお名前.comなどでも購入できるが、英語表記の組織種別汎用ドメイン(例えば、affiliateformula.orgなど)のドメインはさくらインターネットで取得することができる。

さくらインターネットでのドメイン取得の方法は、下の動画を参考にして独自ドメインを取得しよう。

ワードプレスブログを立ち上げよう

ワードプレスブログは自分のメルマガに登録させるだけでなく、コンテンツサイトの運営やトレンドサイトを運営する際にもしようするブログサービスだ。レンタルサーバーを契約しておけばデフォルトの機能がひと通り利用することができる。

私が上記にあげたレンタルサーバーではクイックインストール機能が標準装備されているため、独自ドメインさえ取得しておけば気軽にワードプレスでのサイトを立ち上げることができる。

ワードプレスブログの設定方法

ワードプレスブログインストール以降、様々な作業をすすめワードプレスブログの運用をはじめなければならない。これ以降のワードプレスの設定方法に関しては、私が無料で提供している「インターネットビジネストレーニングラボ」という無料動画講座があるので、そのワードプレス編を参考にしてほしい。

メルマガ配信スタンドを契約しよう

メルマガアフィリエイトではメルマガ配信スタンドの契約が必至となる。メルマガ配信スタンドの契約は月額数千円から2万円の固定費用がかかるが、メルマガアフィリエイトをするのであれば必須のツールとなる。ただし、100リスト以内であれば、オレンジメールやエキスパートメールであれば無料で使えるのでここから使い始めてみるのもおすすめだ。

おすすめメルマガ配信スタンド

おすすめのメルマガ配信スタンドは以下のとおりだ。

  • アスメル(共有サーバー)月額3150円:初期費用15,000円:自己アフィリエイト可能
  • エキスパートメールクラウド(共有サーバー)月額1970円:自己アフィリエイト不可
  • エキスパートメールプロ(独自サーバー)月額19,700円:自己アフィリエイト不可

エキスパートメールプロは最も到達率がいいもののリスト数が1万件以上ある場合以外には意味がない。そのため、リスト数が少ない場合やリスト数が1万件以下の場合はエキスパートメールクラウドかアスメルがおすすめだ。

エキスパートメールクラウドとアスメルの違い

エキスパートメールクラウドは月額1970円と安価であるが、共有サーバーでかつ利用者のなかにスパムメールを送るような悪徳利用者がアスメルに比べ多く存在すると言われており、到達率が低い傾向にある。

一方アスメルは月額3150円で少し高価であるが、エキスパートメールクラウドに比べ到達率は高い。アスメルも共有サーバーであるが、値段が少し高いため、利用者の質がよく、荒れているサーバーが少ないことがエキスパートメールクラウドに比べ良い点ではないだろうか。

アスメルの自己アフィリエイトの方法

アスメルは初期費用15,000円が必要であるが、インフォトップにて自己アフィリエイトが可能だ。自己アフィリエイトすれば、通常5000円、キャンペーン時は10000円のキャッシュバックが可能になる。

アスメルの自己アフィリエイトの方法とインフォトップの登録方法については下記の動画で解説しているので参考にしてほしい。

インフォトップ登録方法

アスメルを自己アフィリエイトする前にまずはインフォトップのアフィリエイター登録をしよう。アスメルの自己アフィリエイトの他にも、あなたがアフィリエイトフォーミュラを実践し、アフィリエイトをするときには、インフォトップを利用することになる。

アスメルの自己アフィリエイト方法

インフォトップに登録が完了したら、アスメルの自己アフィリエイトをはじめよう。

アスメルの使い方をマスターしよう

いざメルマガアフィリエイトをはじめようと思っても、メルマガをスムーズに配信する方法がわからなければ、本末転倒だ。そこで、あなたにアスメルの使い方をすぐにマスターしてもらうために、下記の動画ではアスメルの使い方について解説している。

Conclusion

これ以外にも様々な準備が必要だが、今回は最もコアとなるものを紹介した。私の動画を参考に作業をすすめればあなたがアフィリエイトフォーミュラを実践する準備は整うはずだ。

この他の細かい準備内容はインターネットビジネストレーニングラボで下記のような無料会員サイトでお伝えしている。

ibtl0002

あなたがアフィリエイトフォーミュラを実践し、大きな成功を手にすることを心から祈っている。その一端として今回の記事がお役に立てれば幸いだ。

ネットビジネスを学習する前に知っておきたいコピーライティング

コピーライティングはインターネットビジネスで最も重要な要素の一つだ。コピーライティングのスキルを習得すれば、あなたは多くの人々を行動させ、購買意欲を駆り立てることができるようになる。

そのため、トップのコピーライターは世界中で高給取りになるケースが多く、彼らはこのコピーライティングスキルによって自由な生活を手にしている。

しかし、コピーライターとして活躍するためには、あなたはその下書き(メルマガやアフィリエイト用のレター作成など)で多くの訓練をつまなければならない。

では、あなたがアフィリエイトフォーミュラでコピーライティングのスキルを学び、一流のコピーライターに一歩近づくために、今回は、あなたがアフィリエイトフォーミュラで本格的にコピーライティングのスキルを習得するための基礎を固めていこう。

この記事を通じて、あなたにコピーライティングスキルを向上させるための「本当の秘密」を掴んでほしい。

この記事を読む前に

この記事を読む前にあなたにまず考えてほしいことがある。このことを抑えなければ、あなたがいくら良いコピーを模写したり、音読したり、分析したりしても、

ある時点で頭打ちされてしまい、それ以上の良いコピーをかけなくなってしまうだろう。そうならないためにこのことを理解して置かなければならない。

3匹のひよこ

本題に入る前に一つの例をあげて説明しよう。

今あなたの友人がひよこを3匹譲ってきた。「このひよこをどのようにしても構わない」と友人から言われたので、あなたはこのひよこの使い道について考えはじめた。

そのひよこは大変毛並みもよく元気そうだった。しばらく考えたあとあなたはひよこの使い道について2通りの使い道を思いついた。

一つは、そのひよこを今夜のメインディッシュ(主食)として食べるというという使い道。

もう一つは、そのひよこを鶏まで育てた後、その鶏の卵を食べたり、大きくなった鶏を屠殺し、食べるという使い道。

この2つの選択肢からあなたはどの選択肢を選択しても良いのだが、果たして最終的にあなたはどの選択肢を選ぶだろうか。

普通なら、後者の鶏までそのひよこを育て、大きくなった後にその鶏から卵や肉を取っていく選択肢を選択するだろう。

では、もしあなたが経済的に貧しく、空腹で昨日から何も食べていなければどのような選択肢を取るだろうか。

恐らく1番目の「ひよこを今夜の主食として食べる」という選択肢を選択するだろう。ひよこは3匹いるので、ひよこの羽を取り、内蔵を取り出したあと、鍋で煮込めば、今日中に美味しいひよこの肉を食べることができる。

確かに、ひよこを鶏まで育てればより多くのリターンを得ることができるかもしれないが、あなたが「空腹で仕方がない状態」であれば、そのリターンよりも空腹の方が勝るため、今すぐに食してしまったほうが良いと判断することになる。

つまり、このひよこはあなたの「状態」によって使い道が異なっていくのだ。

では、これがインターネットビジネスでのコピーライティングあればどうであろうか。「空腹の状態」の顧客に対してのコピーと「鶏まで育てよう」と思っている顧客に対して果たして同じコピーで良いだろうか。

答えはもう明白であるが、どう考えても同じコピーでは駄目だ。ライターはこのような状態の顧客に対してどのようなコピーが適切かを判断し、最終的にとって貰いたい行動まで持っていくことが重要になる。

このとき、様々な要素を包括し、そのレターに適切な「目的意識」をもってコピーで使う言葉を選択していかなければならない。

要するに、私があなたにコピーライティングを学ぶ前に抑えておいてほしいことは、全てのコピーライティングはどのような顧客に対して、どのような目的意識をもって書くかということが大事だ。

この前提がなければ、あなたが今後どのようなコピーライティング、あるいはDRMの教材を学び、実践したとしても成功することはありえない。

ヘッドコピー

では、これから具体的なテクニックについて解説していく。

ヘッドコピーの特徴

まず初めにヘッドコピーについて説明する。ヘッドコピーとは、ランディングページであれば、はじめに出てくる大きな文字。メルマガであれば題名がヘッドコピーに当たる。

このヘッドコピーは読者に対して問題意識(興味も含む)や権威性を示し、その後のスクロール(読む行為)につなげる為のファクターとなる。ここで抑えておくべきことはやはり直帰率(GoogleAnalyticsでの直帰率と異義)を下げることだ。直帰率を下げることでその後のコピーを読んでもらいやすい、あるいは、スクロールしてもらいやすくなる。

媒体の違いによるコピーライティングの違い

ヘッドコピーは上述のとおり重要視されていることはわかると思うが、このヘッドコピーは媒体によってそのコピーライティングの目的意識と書き方が異なってくる。

メルマガの場合

メルマガの場合は、まず読者さんにメルマガを開かせる必要がある。そのためメルマガのヘッドコピーは読者が興味を示すようなヘッドコピーにしよう。例えば、

私は遂に〇〇をしてしまいました

あぁ、わたしはなんということをやらかしてしまったのでしょうか

たった5分の作業で〇〇万円!?

などだ。読者の注意を引き、そのメルマガを開いてもらうことがまず第一の目的でために、本文と多少乖離していても問題はない。(ただし、論理的整合性を本文のなかでとっていることが前提となる。)

セールスレターの場合

セールスレターの場合(DRM用のオプトインページを含む)は、主に簡単という言葉に近いニュアンスで圧倒的な実績を示すようなコピーが必要だ。これは、自分がターゲティングしている層に対して、書き方は異なってくるもののこれに近い言葉をつかうことが常套手段だ。

お金稼ぎ系(投資含む)の場合

元ニートが1日たった30分の作業で〇〇万円稼いだ方法をあなただけに公開します

恋愛系

彼女が全く出来なかったブサイク男がたった2時間のエクササイズでナンパを成功させ、美女と一夜を共にした方法とは?

 など、興味を惹きつけ、そのレターを読んだ読者がメルマガ登録や成約など、そのレターで最終的にとってほしい行動を取らせるようなコピーである必要がある。

ブログの場合

 ブログの場合はそのブログの運営の目的によって書き方が変わってくるが、基本的にはブログはインバウンドマーケティング(SEO経由での集客)を実践することが多い。そのため、ヘッドコピー(ブログの場合は記事のタイトル)はSEOを意識したものになる。

例えば、「アフィリエイト、稼ぐ、コピーライティング」というキーワードを狙っていく場合は

アフィリエイトビジネスで稼ぐために抑えておきたいコピーライティングの法則

といったように自分が狙っていきたいキーワードをタイトルに散りばめると良い。

ちなみに、当コンテンツもこれと同じ考え方で作成しており、

アフィリエイトフォーミュラを学習する前に知っておきたいコピーライティング

というタイトルで、「アフィリエイトフォーミュラ」というキーワードを狙っている。

サブヘッド

サブヘッドとは、レターやメルマガ・ブログの副題のようなものでそのコピーのなかに緩急をつけるために使用する。このサブヘッドは媒体によって手法が変わってくるのでこの方法違いについてまず解説していく。

メルマガの場合

日本におけるメルマガの場合は、おもにサブヘッドはメルマガの目次に当たる。メルマガ内で伝えたいことを2つか3つ程度に絞りそれを最初に示しておくことが一般的だ。

(タイトル)

こんにちは、〇〇です。

 

前回のメルマガでお伝えした〇〇のお話は

多くの方に、

「参考になりました!!」

「わたしも〇〇さんのように〇〇します!」

 

といった感想を頂くことができ、

 わたしとしては嬉しい限りです。

 

このようなメッセージを送ってくれる方は

わたしの経験上成功しやすいので、

 

このような方の成功を

もっと応援していきたいと思います。

 

さて、今回は、

============

1.〇〇〇〇について

2.〇〇〇〇のはなし

============

をテーマにお話していきます。

・・・・・・

 

 と言った形式で書いていく場合が多い。

セールスレターの場合

セールスレターの場合は、まずマインドマップにブレッド(反応が取れそうなフレーズや単語)を出していく。

アフィリエイトフォーミュラ

例えば上記のようにマインドマップに「14日間の気軽にダイエット!」という商品名を企画し、その商品名から連想される言葉やその見込み客が反応しそうな言葉をどんどんと書き込んでいく。

つぎに、それを整合性の取れるように文章にすることでサブヘッドの原型ができるはずだ。

上記のマインドマップを使い、サブヘッドを幾つか作ってみると、

家事や育児・仕事で忙しくても楽々実践できちゃうらくちんカリキュラム

1日一食を〇〇ゼリーに替えるだけであとの食事は好きなものを食べてもOK!

ここで作った素材を元にして、セールスレターの型にのせて書いていけば、大方まとまったセールスレターのコピーが完成する。

ブログの場合

ブログではSEOを意識しなければならないため、検索エンジンがより見やすい構造にしておく必要がある。

そのため、このサブヘッドの要素はh3タグ,h4タグによる小見出しがこの要素に当てはまっている。

<h3>(小見出し)</h3>

<p>本文</p>

<h4>(小見出し)</h4>

<p>本文</p>

上記のような形式にし、それぞれにたいして本文を記述していく形式にしよう。当サイトもこの方法で記述しているのでhtmlのソースなどを確認したり、当記事のコンテンツの構造を捉えることであなたの記事のライティングの参考にしてほしい。

本文の構成

本文の構成はこれまでで作ってきたヘッドコピー,サブヘッドが中心に構造を組み立てていこう。本文はその構成に沿って、書き勧めていくことをお勧めする。

メルマガの場合

メルマガは基本的に目次に沿って内容を記述していこう。ストーリーテリングの型やその他の説得方法については、アフィリエイトフォーミュラの販売者であるMr.Nさんスイクンさんを参考にしたり、あるいは、メルマガが得意な方のメルマガに登録してみてその書き方を俯瞰的に分析しよう。

(わたしからの購入者はこの部分のフォローができるコンテンツなどを追加しようと考えている)

また、メルマガの場合は1通のメルマガがつぎにつながるように作成しなければならないため、最終的に目指す商品のアフィリエイトに向け、それに収斂していくようにメルマガを作成するようにしよう。

セールスレターの場合

セールスレターは、ある程度書き方が決まっているため、その書き方に沿って、記述していくことがおすすめだ。例えば、QUESTフォーミュラやPASONAの法則などを学習したことがある方は、この型にそって書くと良い。

また、セールスレターの細かいコピーでは、サブヘッドの説得とストーリーテリングをおりませながら構成することが望ましい。サブヘッドの説得は多くのレターで実際に目の当たりにすることができるので、そちらを参考にしよう。またストーリーテリングなどは高額な企画のセールスレターにかならず盛り込まれているので、その部分を参考すると良いかかも知しれない。

セールスレターの学習法としては、分析したレターを熟読、音読し自分の体にしみこませることが一番の学習法だ。自分が参入している分野のセールスレターで気に入っているものがあればそのレターを熟読し、説得のリズムを体に叩きこむようにしよう。

ブログの場合

ブログの場合は、上述したとおり、そのブログの目的意識によってそのサイトの書き方がかわってくる。そのため、本文の構成について一概に「このように書いたほうがよい」といったものは存在しない。しかし、最低限守らなければならない条件があることを忘れてはならない。今からその条件を列挙していくので、あなたのブログが以下の条件を満たしているか確認してほしい。

  • 最低限のコンテンツボリュームはあるか

コンテンツボリュームは最低500文字は書くようにしたい。それ以下のコンテンツばかりだと検索エンジン経由で集客することが難しくなる。あるいはGoogleからの評価が下がってしまいやすくなるので、どのような運用方法でも最低500文字は書くようにしよう。

  • Googleアドセンスの規約に反するような単語は含まれていないか

アダルトキーワードやその他の暴力的なキーワードを含んだサイトにGoogleアドセンス広告を貼ると、Googleから警告がきてしまう。このGoogleアドセンスの基準はGoogleの検索エンジンの順位に変動をもたらす要因であると現在考えられているため、たとえあなたがGoogleアドセンス広告を貼っていない場合でもアドセンスの利用規約にそってサイトを運用することが望ましい。

Googleはユーザーに対して良質で最適なコンテンツを好む傾向にあるので、自分のコンテンツを検索エンジンに好まれるように意識して書くようにしよう。

  • タイトルとコンテンツはマッチしているか

メルマガの場合は、反応を取るためにタイトルをどういじっても構わない。しかし、ブログは検索エンジンから集客する以上、キーワードを意識したタイトルでかつ、そのキーワードにマッチしたコンテンツでなければGoogleから嫌われてしまう。

  • サイトタイトル・ディスクリプションなどの設定と記事の内容は一致しているか

サイトタイトルやサイトのディスクリプションの設定とコンテンツの中身が違っていると、検索エンジンからペナルティを受ける可能性がある。ブログの場合はSEOを意識したコピーが重要なので、コピーことばかりではなく、それ以外の部分にも注意を払うことが需要だ。

Conclusion

今回は、アフィリエイトフォーミュラで解説されているメルマガアフィリエイトだけに限らず、セールスレター、ブログなどにも応用出来るようにコピーライティングのスキルを伝授していった。

わたしが、最初に解説したコピーライティングにおける前提を踏まえつつ、この記事で解説したテクニックを何らかのコピーであなたが活かすことであなたのビジネスが加速していくはずだ。

アフィリエイトフォーミュラの事前学習として必要なコンテンツを今後もこのサイトで提供していくつもりなので、今後とも私の動向をチェックしておいてほしい。

アフィリエイトフォーミュラのDAIからの特典PVの一部公開

わたしのアフィリエイトフォーミュラ特別企画の特典PVの一部を公開する。私はこのような動画作成スキルを持っている。今回私から購入して頂いた方にはこのようなハイクオリティな動画を作成するための教材を用意する。

 

もしこあなたがこのような動画を作成することができたならばどれほどあなたのセールスレターで成約がとれていくかを想像してほしい。今回のアフィリエイトフォーミュラはメルマガアフィリエイトをちゅうしんとしたDRMを教える教材だが、

私の特典として用意する動画マーケティングのスキルを利用すれば、あなたの顧客から大きな反応を得ることができるだろう。

動画作成に必要なツール

動画作成に必要なツールはAdobe After Effects と、Adobe Premire ProあるいはCamatasia Studio8だ。私は今回上記のような動画をAdobe After Effectsで作成しているが、多くのアフィリエイターが使っているCamatasiaStudioでも英語圏のマーケターに負けない動画を作成することができる。

このようなツールを使って動画を作成していく方法を特典ではお伝えしていくので、楽しみに待っていてほしい。

アフィリエイトフォーミュラ特典アフィリエイトインセプションと下克上・プライド徹底比較

今回わたしが特典として用意するアフィリエイトインセプションではサイトアフィリエイトのノウハウを用意している。このサイトアフィリエイトのノウハウと他のサイトアフィリエイトのノウハウとはどこが違うのだろうか。その違いについて解説する。

サイトアフィリエイトとは

そもそもサイトアフィリエイトとはどのようなものなのか、全体像がつかみきれていないかもしれないので、まずサイトアフィリエイトについて定義した後、それぞれの商材をレビューしていきたい。

サイトアフィリエイトとは、ウェブ上にサイト(ブログ)を作成し、そのサイトからクリック型報酬の広告や、成果報酬型の広告を掲載することでマネタイズする方法だ。

サイトアフィリエイトでは主にワードプレスブログを使い、ASPで販売されている商材をアフィリエイトすることによって稼いでいく手法であるが、その手法は様々であり、年々新しいノウハウが開発されている。

現在ではサイトアフィリエイトのなかでもトレンドアフィリエイトが流行しており、そのノウハウを世に広めた商材が下克上だ。下克上で語られているトレンドアフィリエイトを応用した商材がプライドである。いずれもGoogleアドセンスを使ってマネタイズし、トレンドキーワードを狙いながら上位表示を目指す手法だ。

下克上の特徴

では次にそれぞれの商材の特徴を一つづつ解説していく。

下克上では王道的なトレンドアフィリエイトの手法が解説されており、芸能系やスポーツ系などのニュースサイトを運営することでサイトアフィリエイトで稼いでいく。キーワード選定方法や中古ドメインの使い方などを丁寧に解説してあるため、多くの方が下克上に取り組み成果を出している。3ヶ月で月収10万円を狙うのであればこの下克上を素直に実践することが望ましいだろう。

しかし、Googleはこのような何でも取り上げるトレンドサイトをあまり良しとしない傾向があり、また、トレンドアフィリエイトの実践者が多く現れたことも相まって、成果を出す期間が長くなる傾向がある。

プライドの特徴

プライドは下克上のトレンドアフィリエイトのノウハウを踏襲しつつも、「ロングレンジキーワード」を狙うために、トレンドアフィリエイト+長期的に検索されるキーワードを記事に盛り込むというノウハウだ。

例えば、「俳優〇〇が大腸がんで死去」というニュースでは、まず俳優の〇〇さんについての記事を記述し、その後に、〇〇の死因である大腸がんについて記述することで次に誰かが大腸がんで死んだ場合に検索されやすくなるという手法だ。

このノウハウは下克上のトレンドキーワードの寿命の短さをついたノウハウで長期的に運用すればするほど収入を増やすことが出来るようになる。

サイトアフィリエイトインセプションの特徴

サイトアフィリエイトインセプションではわたしが独自に開発したサイトアフィリエイトの手法と多くの成功者を生み出しているサイトアフィリエイトのノウハウが解説されている。そのなかでも大きな特徴が「特化型」であるということだ。

通常特化型のサイトアフィリエイトはキーワード選定が難しく、失敗してしまうケースが多々あるが、わたしは失敗を避けるための基準をいくつか示している。

さらにわたしが独自で開発した英語圏インサイダーSEOという手法についても解説しているので、このノウハウはわたしのところ以外では手に入れることが出来ないノウハウになっている。

アフィリエイトインセプション・サイトアフィリエイト編と下克上・プライドとの違い

アフィリエイトインセプションで語られているサイトアフィリエイトの手法は下克上やプライドと違い、単に同じような作業を繰り返すような単純なものではない。あなたの思考力を使って最大限に作業量を減らしながら大きな収益構造を構築していくためのノウハウだ。

特化型サイトアフィリエイトは多少工夫が必要なため、わたしがアフィリエイトフォーミュラで語っている内容を自分の中で更に抽象化し、いつでも応用出来るように思考力を鍛えなければならない。

しかし、トレンドアフィリエイトが飽和状態のなかで、わたしの語っている特化型サイトアフィリエイトはGoogleからの評価も高く、一度軌道に乗せることが出来れば安定してそのサイトから収益を得ることが出来るノウハウだ。

この手法は5年後、10年後も通用するノウハウである。あなたがアフィリエイトインセプションのサイトアフィリエイトのノウハウで大きく飛躍していくことを願っている。

Reference

下克上(http://www.gekokujo.info/)アイキャッチ画像デザイン参照

Pride(http://prideaffiliate.com)

アフィリエイトフォーミュラと新世界アフィリエイト徹底比較

アフィリエイトフォーミュラでのMr.Nさんのパートではメルマガで高い成約率を叩きだす方法について解説されている。

しかし、現存するメルマガアフィリエイトの情報商材のなかで有名なものが新世界アフィリエイトだ。この新世界アフィリエイトとアフィリエイトフォーミュラのメルマガアフィリエイト編の違いについてレビューしてほしいという声を頂いたので早速この2つの違いについてレビューしていきたい。

新世界アフィリエイトアフィリエイトの特徴

新世界アフィリエイトは自分だけの「新世界」をつくり、その中でメルマガ読者さんに楽しんでもらうことをコンセプトに、メルマガでの自動化及び、レビューアフィリエイトのデメリットを克服した「プロモーションアフィリエイト」を世の中に公開した商材だ。

新世界アフィリエイトでは、みんてぃあさんのビジネス論にはじまり、現状の情報業界の欠点を指摘し、それを克服するためにどのようにしてメルマガで稼いでいくかについて説明されている。

その中でも、プロモーションアフィリエイトの理論を解説したパートは秀逸で、多くのアフィリエイターがこの手法で爆発的な成果を叩きだすことができている。さらに、プロモーションアフィリエイトを自動化させたステップメールを作成することで自動化を行い、収入を安定させるといったノウハウだ。

この新世界アフィリエイトは多くのアフィリエイターが絶賛し、2011年以前とは違ったメルマガアフィリエイターを数多く生み出した王道商材と言えるだろう。

しかし、この新世界アフィリエイトは本質の理解に終始しているため、初心者にとっては基礎的なスキルをつけることができず、辞めていってしまうケースや、なかなか集客できずに悩み苦しむアフィリエイターを生み出したという批判もある。

アフィリエイトフォーミュラの特徴

その一方でアフィリエイトフォーミュラで語られるメルマガアフィリエイトの理論はその集客手段として「コンテンツ」を強化することにより、DRMの教育部分を強化し、高い成約率を叩きだすというものだ。

当然、クロージング(販売)の際にはプロモーションアフィリエイトの手法を継承しているが、そのプロモーションアフィリエイトの際にも、Mr.Nさんのオリジナルの理論が盛り込まれており、

ここでも爆発的な成約率を叩きだすためのエッセンスを垣間見ることが出来る。

新世界アフィリエイトとアフィリエイトフォーミュラの違いとは?

新世界アフィリエイトは抽象的であるがゆえに様々な応用を効かせることが出来る。そのため、10年先も稼げるノウハウとして生き残るノウハウであるかもしれないが、その一方で、具体的な方法を求める場合には向かない教材といえるだろう。

しかし、Mr.Nさんのアフィリエイトフォーミュラメルマガアフィリエイト編では理論→具体例といった流れで解説されているために、理論を踏まえた上で応用することが出来るので、初心者でも実践しやすい教材かもしれない。

ただし、それ以前に多大な努力が必要で、プロモーションをうつに相応しいコンテンツ作りや企画作成で戸惑ってしまうケースが多々あるとおもわれる。

私の企画に参加してくれる方には

アフィリエイトフォーミュラのメルマガ編を実践していく上で、恐らく戸惑ってしまうであろう。コンテンツづくりや企画の作成などは難易度が高いため、同じようにマーケティングを進めたとしても、途中で悩んでしまったり、上手くいかないケースが多々ある。

実際に、私自身はおもわぬところでの落とし穴にはまり、失敗した経験を持っている。あなたが想像している以上にネットビジネスでは失敗がつきものだ。

私の企画ではあなたがアフィリエイトフォーミュラを実践していく上で躓きやすいポイントなどを解説したものを用意しようと考えている。参加して頂いた方が振れること無く成果を出していけるような企画にするつもりなので期待しておいてほしい。

Reference

アイキャッチ画像:新世界アフィリエイト(http://new-world-aff.net/letter/)よりデザイン参照

Return Top